[PR]

 米国防総省は17日、トルコがロシア製地対空ミサイルシステムS400の導入を始めたことを受け、最新鋭ステルス戦闘機F35の多国間共同開発計画からトルコを排除すると発表した。

 ホワイトハウスは声明で「S400の購入決定で、トルコはF35(の計画)に継続的に関与できなくなった」と述べ、北大西洋条約機構(NATO)が脅威とみなすロシアと協力することについて「同盟国との相互運用性に有害な影響を与える」とトルコを批判した。米政府は、トルコがS400と同時に運用することでF35の機密データがロシア側に漏れる、と懸念してきた。

 ロード国防次官は会見で、「米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら