[PR]

 2019年上半期(1~6月)の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8888億円の赤字となった。半期としての赤字は2期連続。中国を中心にアジア向けの輸出が減少しており、米中貿易摩擦の影響とみられる。

 財務省が18日発表した。輸出額は、前年同期比4・7%減の38兆2404億円で、5半期ぶりに減った。地域別ではアジア向けが同7・3%減だった。中国や韓国が主な輸出先の半導体等製造装置や、中国向けの鉄鋼などが落ちこんだ。米中貿易摩擦で需要が減ると懸念し、企業が設備投資を控えた可能性がある。

 輸入額も5半期ぶりに減少し、同1・1%減の39兆1292億円だった。石油製品や非鉄金属鉱などが減少した。

 6月単月の貿易収支は、5895億円で2カ月ぶりの黒字。輸出は前年同月比6・7%減の6兆5845億円で、7カ月続けて前年割れした。中国向け輸出は同1割減り、4カ月連続の減少となった。(木村和規)