[PR]

 第101回全国高校野球選手権岩手大会は18日、花巻球場などで3回戦があり、高校史上最速となる163キロをマークした佐々木朗希(ろうき)(3年)を擁する大船渡が一戸に10―0で六回コールド勝ちした。佐々木はコールドゲームによる参考ながら、無安打無得点試合を達成した。

 初戦だった2回戦に続き佐々木は4番投手で先発。一回の先頭からすべて150キロ以上の速球で奪った4者連続を含め、奪三振は計13。許した走者は四回1死から与えた四球による1人だけだった。この試合の最速は155キロで、二回と五回に球場スピードガンに表示された。

 2回無失点だった2回戦での佐々木の最速は147キロだった。大船渡の4回戦は20日に予定されている。