[PR]

(18日、高校野球埼玉大会 花咲徳栄9-0正智深谷)

 埼玉大会で花咲徳栄の中津原隼太投手(3年)が正智深谷を相手に無安打無得点試合を達成した。埼玉県高野連によると24人目だ。

 珍しい左投げのサイドスロー。四球を一つ出しただけで、ストレートとスライダーで打たせて取り、内野ゴロの山を築いた。「アウトコースを軸にした投球を心がけた。ベンチでは三回ぐらいから『無安打だ』と言われたが、意識しないようにした」。春の県大会で負けてから、オーバースローからフォームを変え、練習を積んできた。「投手力が弱いと言われているので、練習でも試合でも僕が引っ張っていきたい」。5年連続の代表を目指す。=県営大宮