[PR]

(18日、高校野球岡山大会 作陽6―2玉島商)

 二塁打2本を含む3安打2打点。4番として勝利に貢献しても、作陽の遊撃手・松井一輝(いっき)君(3年)の表情は浮かないままだった。三つもエラーをしてしまったからだ。

 初回、自身の二塁打で先制。気分よく、序盤は軽快にゴロをさばいた。ところが五回の守りで2失策。「なんでもない正面のゴロだったけど」。頭から離れず、緊張で体が硬くなった。六回も1失策。さらに二塁封殺の場面で、二塁手のトスをお手玉しかけた。

 このままでは終われない。同点の八回、3番松沢陸利(りくと)君(3年)が走者一掃の二塁打で勝ち越し。「俺も続く」と打席に入り、初球を迷いなく振り抜くと、左翼への二塁打となった。

 東岡山工との3回戦まで時間はある。「守りをもう一度練習して、今度はノーエラーで勝つ。いつまでも引きずっていられない」=倉敷市営(小沢邦男)