[PR]

 九州・山口・沖縄は18日、大型の台風5号や梅雨前線の影響で各地で大雨が降った。豪雨をもたらしやすい梅雨末期の気象条件に台風の影響も加わるため、大雨は19、20両日も続く恐れがある。気象庁や専門家が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、18日に沖縄県に接近した台風5号は東シナ海を北上し、20日ごろ九州西方沖に接近する見通し。対馬海峡付近に停滞中の梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み続けるため、大雨が20日ごろまで続く恐れがある。

 19日午後6時までの24時間の予想雨量は、沖縄県で200ミリ、宮崎県で180ミリ、山口、長崎、鹿児島各県で150ミリ。その後の24時間も宮崎県で200~300ミリ、長崎、鹿児島両県は100~200ミリ、山口、沖縄両県は100~150ミリと予想されている。

 九州大の川村隆一教授(気象学)によると、梅雨末期はもともと、太平洋高気圧の勢力が強まり、暖かく湿った風が九州付近で梅雨前線に流れ込み、豪雨になりやすい。今回は、さらに台風5号周辺からも流れ込むため、大気が不安定な状態になる。

 この時期の九州では、2017年に九州北部豪雨、18年には西日本豪雨などの大きな災害が起き、今月上旬も鹿児島県などで記録的な雨量が観測された。

 日本気象協会九州支社は「この時期は予想を超える大雨になることもある。十分警戒を」としている。(竹野内崇宏、福島慎吾)