[PR]

(18日、高校野球山口大会 聖光7―4光丘)

 プロ注目の好投手を擁する強豪、聖光を選手9人の光丘が苦しめた。

 「フルスイングを心掛けていた」

 光丘は七回、死球と内野安打でつかんだ2死一、三塁の好機。主将の三森力也君(3年)は意気込んでいた。3球目の直球を振り抜いた打球は中堅手の頭上を越える2点適時三塁打。「後輩たちがチャンスをつくってくれたので自分がホームに返したかった」。3点差に迫った。

 序盤はほぼ互角の戦い。光丘は同点で迎えた四回、左越え二塁打の岡村光央佑(こおすけ)君(3年)を内野ゴロで三塁に進めると、聖光はプロ注目の好投手、左腕の中本至音(しおん)君(3年)をマウンドに。結局、二者連続三振に抑えられてしまったが、相手を慌てさせた。

 「光丘」で戦う最後の夏だった。来春には同じ光市の光と統合して「光高校」になる。選手9人のうち2年生が2人、1年生は1人。学年に関係なく仲が良く、「3年生6人は、後輩がどんなミスをしても辛抱しながら育ててくれた」と村上敦美監督。

 三森君は「9人が誰もけがなく出場できたのが良かった。悔いはない。強豪校相手に良い試合ができて、楽しかった」。(滝沢貴大)