写真・図版
[PR]

 東京五輪開幕まで24日で1年。新競技、空手の荒賀龍太郎(28)=荒賀道場=と清水希容(きよう)(25)=ミキハウス=が自国開催への思いなどを語り合った。

 ――本番まであと1年。

 荒 「まずは来年4月の出場権獲得が目標です。この1年、今は一つひとつの積み重ねが自分が輝くために必要となってくると思うので、一日一日を大切にと感じています。五輪への採用が正式に決まってもう3年。1年なんて、あっという間という気がします」

 清 「声をかけて頂くことが増えました。『実際に空手を始めました』という声を、大人からも、子どもからも多く聞きます。空手の認知度が進んでいるんだなあ、と思います。私個人的には大会でいろいろチャレンジし、経験値を上げて、ピークに持っていけるよう頑張りたい」

 ――五輪のイメージは。

 清 「今までは遠い舞台。目指…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら