[PR]

 俳優の瀬奈じゅんさんは、特別養子縁組で生後まもない赤ちゃんを家族に迎えました。その決断や、子どもとの日々について、お話をうかがいました。

     ◇

 子どもはいま2歳です。イヤイヤ期に入ってきたかな。

 たとえば、バナナが大好きなんですが、むいて渡すと自分でむきたいから「イヤ」って。でも、むかずに渡すと、「むいて」って渡してくるんですけど(笑)。

 大変だけど、おもしろい。なぜかお菓子のことを「アバ」と覚えちゃって、お菓子を見ると「アバ、アバ」って言うんです。最近は「開けて」と言えるようになったんですけど、なぜか「あーけーて」と言う。出来ること、言える言葉がひとつひとつ増えていくのが本当に楽しいです。

 結婚したのは2012年、38歳の時です。体外受精を7回しましたが出産にはいたらず、精神的に不安定になった時期もありました。夫婦で何度も話し合い、特別養子縁組で生後5日の赤ちゃんを迎えました。特別養子縁組は実父母が育てられない子どもを、子育てを望む夫婦が迎えて戸籍上も親子になる制度です。

 不妊治療は、やろうと思えばいくらでも出来るから、きりがないんです。ただ、私が目指していたのは子どもを産むことではなくて、育てて家族になること。それが描いていた未来でした。

 でも、いつの間にか産むことが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら