追い込まれたい筒井真理子「マゾだから」 色気も自在に

有料記事

文・石飛徳樹 写真・篠田英美
[PR]

 筒井さんが主演する深田晃司監督の「よこがお」は、朝日新聞に掲載された1枚の写真から生まれた。2016年、2人が携わった前作「淵に立つ」の際、紙面に掲載した彼女の横顔の写真を深田監督が見て、この緊張感あふれる物語を発想したのだという。

 「『淵に立つ』が終わって、『もう深田監督に追い込まれずに済む』とホッとしていたんです。でも、またちょうど『追い込まれたい』という衝動が起こってきたところでした」

 「淵に立つ」で演じた中年女性は、自宅に居候する夫の旧友に心を奪われていく。そんな時に一人娘が襲われる事件が起きる。どうやら当の旧友に襲われたらしい。極めてハードな作品だった。「よこがお」はそれに劣らず、とんでもない目に遭わされる。肉体的な暴力でない分、スリラーとしての純度が高まった。

 「『淵に立つ』でカンヌ映画祭に行った時に、深田監督とは『これがゴールじゃないよね』という雰囲気になっていたので、『次があるかもしれない』と期待していました。だから、とてもうれしかったです」

 「淵に立つ」で筒井さんは…

この記事は有料記事です。残り1112文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません