[PR]

 消費増税の是非が問われた参院選が終わったが、税のありようは常に「争点」だ。「血税」とも呼ばれる税金。せっかくなら納得して支払いたい。あるべき税の姿とは。

伊藤恭彦さん(名古屋市立大副学長)

 人々の「支え合い」を制度化した仕組みが政府で、その活動を可能にするためのお金こそが、税です。

 近代以前には、日本で言うところの「年貢」のように奪われるものでしたが、近代化以降は、政府のサービスの対価として考えられるようになりました。ただ、その後社会が豊かになり、多様な生を個人が営めるようになったがゆえに、新しい局面に入りました。

 税を「必要な対価」だと考えるのが難しくなり、税への「納得感」を維持するのが難しくなっています。例えば子どもがいない家庭にとっては学校教育に自分の税金が使われても直接の便益はありません。元気な人には、医療への税金投入もそうでしょう。

伊藤恭彦さんが納税の「納得感」から、橘玲さんが税金の「取りやすさ」から、大本綾さんが税金と「社会保障」を語ります。

 ただそこで、税とは対価ではな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら