[PR]

 トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で米海軍の強襲揚陸艦ボクサーが同日、イランのドローン(無人機)を撃墜した、と明らかにした。イラン側が強く反発し、緊張がいっそう強まる恐れがある。

 トランプ氏はホワイトハウスでの会合で「再三の警告を無視し、(米艦船から)約900メートルまで接近したドローンに防衛措置を取った。ドローンはすぐに破壊された」と説明した。

 トランプ氏は「国際海域を航行する艦船に対するイランによる多くの挑発的で敵対的な行動の最新のものだ。米国は自国民と利益を守る権利がある」と語り、各国に対して「海峡を通る自国の船舶を守り、今後は我々と連携するよう求める」と述べた。

 米国防総省は、現地時間の18日午前10時ごろ、ホルムズ海峡の国際海域を航行中に無人機が異常接近したと発表したが、イランのものかは明らかにしなかった。米CNNテレビは、米当局者の話として電波妨害で無人機を撃墜したと報じた。

 ホルムズ海峡周辺では6月、日本の海運会社が運航するタンカーが攻撃され、米国は「イランの犯行」と主張したが、イランは関与を否定。米軍の無人偵察機がイランに撃墜される事件も起き、米国とイランの間で緊張が高まっている。

 米国務省と国防総省は19日、ホルムズ海峡などを航行する船舶の安全確保のための「有志連合」について、関係各国の外交団を招いた説明会を開く。構想を説明し、参加を求めるとみられ、日本からも在米大使館員が出席する予定だ。(ワシントン=渡辺丘)