[PR]

 米航空機大手ボーイングは18日、2回の墜落事故を起こした主力小型機「737MAX」の運航停止に伴い、航空会社への補償などで56億ドル(約6千億円)の追加費用を見込んでいると発表した。24日に発表する2019年4~6月期決算に計上する。墜落事故の経営への影響が膨らんできた。

 運航停止の影響額は、税引き後では49億ドルとなる見込み。ボーイングの18年通期の純利益は104億ドルで、そのほぼ半分に相当する。ユナイテッド、アメリカン、サウスウェストの米航空大手3社は、同型機を少なくとも今年11月上旬まで運航しないと決めている。

 ボーイングはさらに、737シ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら