【動画】煙を上げる京都アニメーションの第1スタジオ=近隣住民提供
[PR]

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火されて爆発炎上し、33人が死亡した火災は、19日午前6時20分ごろ、出火から約20時間ぶりに鎮火した。市消防局が発表した。午前9時20分ごろから、京都府警とともに現場検証を始めた。

 火災は18日午前10時半ごろに発生。府警によると、さいたま市在住の男(41)がスタジオ1階の入り口付近でガソリンのような液体をまき、火をつけた。男は逃走したが、約100メートル先で取り押さえられた。

 鉄筋コンクリート造り3階建て延べ約700平方メートルの建物はほぼ全焼。33人(男性12人、女性20人、不明1人)が死亡し、男を含む36人が病院に運ばれ、意識不明の人もいるという。確保された男も重体となっている。