[PR]

 京都市の門川大作市長が18日夜、同市上京区のホテルであった参院選候補者の個人演説会で応援演説をした際、京都アニメーション第1スタジオでの火災を念頭に「大変な火事が起こっております。火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる。そのことも含めてよろしくお願いします」と述べた。

 門川市長は19日午前にコメントを発表し、「放火火災死傷事件でお亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、負傷された方の一日も早い御回復をお祈り申し上げます。今回の私の発言は、事件について多くの方が不安や悲痛な思いを抱かれている中、不適切であり、心からおわび申し上げます」と謝罪した。

 会場で発言を聞いていた陣営関係者は「被害者や候補者に配慮していただきたかった。大事な選挙で、候補者の良さが伝わる演説であってほしい」と話した。