[PR]

 滋賀県高島市安曇川町中野の就労継続支援B型事業所「ホトラ舎」が、農作業を通じて障害者の社会参加を進める「農福連携」に取り組んでいる。

 後継者がいない農地を借り受けたことで、昨年9月のオープン時より耕作面積は約10倍の約2ヘクタール、通所者も倍近くの13人になった。後継者不足という農業の課題に向き合いながら、障害者の自立支援を進めたいという。

 ホトラ舎は、地域での起業支援に取り組むベンチャー企業「エーゼロ」(岡山県西粟倉村)の高島しこぶち事業所(清水安治所長)が運営する。

 障害のある人たちはホトラ舎に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら