[PR]

漫画偏愛主義

 その肩の力の抜けた絵からは想像できない、奥深い内容に思わずうなってしまう。ともすれば暗い人間関係に陥りそうな過去の出来事がありつつも、なぜか柔らかく物語が進む。主人公の直達(なおたつ)は、高校入学を機に親元を離れたことで、様々な大人と出会い、かつ家族の思わぬ過去も知ることになるが、持ち前のまっすぐな性格は損なわれることなく成長していく。

 直達が住むことになったのは、漫画家になっていた叔父が住む一軒家。そこには笑わないOL・榊(さかき)と、女装の占師、メガネの大学教授が同居している。実は榊と直達には浅からぬ因縁がある。その因縁を、子供に関係はないからと直達には知らせたくない榊と、知ってしまったものの知っていると言い出せない直達。

 大人にみえる大人たちも、子供…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも