[PR]

患者を生きる・眠る「夜間頻尿」(2)

 京都市の徳田美保さん(80)は70歳になったころ、夜間の頻尿に悩み始めた。「年のせいだろう」と思い、それ以上深く考えることはなかった。

 2009年、持病の高血圧の治療で受診していた京都大病院で、現在は奈良県立医大教授の主治医、笠原正登(かさはらまさと)さん(57)の診察を受けたときだった。

 「最近、トイレが近いんです」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら