【動画】香取慎吾さんがユニホームを着て登場=竹谷俊之、遠藤啓生撮影
[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアとスタッフが着るユニホームが19日、お披露目された。会場などで活動する大会ボランティア8万人と大会組織委員会の職員8千人は「フィールドキャスト」と呼ばれ、ユニホームは涼しげな大会カラーの藍色が基調。駅などで道案内などをする都市ボランティア3万人は「シティキャスト」と呼ばれ、ユニホームに大会エンブレムの市松模様を大胆に配置した。

 デザインは約30候補のなかから決まり、組織委のユニホームデザイン選考委メンバーだった香取慎吾さんは、「着心地が良い。2020年の夏、このユニホームを着て活躍するボランティアのみなさんのことを思い、考えてつくった」と記者会見で話した。

 日本の夏特有の高温多湿に対応し、優れた吸汗速乾性や通気性を実現。再生ポリエステル材や植物由来材を多く採り入れ、環境にも配慮したという。