[PR]

 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)がスマートフォンなど向けに開発しているとされた独自OS「鴻蒙(ホンモン)」について、同社の陳黎芳・取締役は18日、「工業用OSに使うものだ。スマホOSには使わない」と述べた。中国国営新華社通信が伝えた。

 米政府が華為への輸出制限をかけ、米グーグルのOS「アンドロイド」の供給が制限される恐れが浮上した5月、華為の余承東・上級取締役は独自OSの開発を認めたと報じられていた。

 この際、余氏は早ければ今秋、遅くとも来春には市場に出せ、スマホやパソコン、自動車のOSにもなると述べたとされる。

 別の報道によると、12日に華…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら