[PR]

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火され、34人が死亡した事件。京都府警は19日、現場から逃走し、身柄を確保された男について青葉真司容疑者(41)と公表した。捜査関係者によると、同容疑者は事件直後、「(ここまで)電車で来た」と説明。足取りの捜査を進めている。

 現場近くに住む女性は事件前日の17日昼、現場から西へ約500メートル離れた公園で、ベンチに横たわる不審な男を目撃。事件発生の約2時間半前の18日午前8時ごろにも、同じ男がベンチにいたという。青葉容疑者が確保された時の服装と不審な男の服装がよく似ていたという。

 京都府警は事件後、この公園で、青葉容疑者が現場に持ち込んだガソリン携行缶のものとみられる数個の空き箱を見つけた。青葉容疑者が残したとみて調べている。捜査関係者によると、青葉容疑者は身柄を確保された際、警察官に「小説を盗まれたから放火した」という趣旨の説明をしたという。同容疑者が京都アニメーション側に一方的に不満を募らせた可能性があるとみられる。

 また、捜査関係者によると、青…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら