[PR]

 中東のオマーンに日本人の血を引く王女がいる。名はブサイナ。父はタイムール元国王、母は大山清子という日本人だ。

 2人の出会いは1935(昭和10)年の神戸。王位を退き、アジアをめぐる船旅に出ていた当時48歳の元国王は、19歳の清子とダンスホールで知り合い、恋に落ちた。元国王は翌年再来日し、結婚と日本移住を決意。2人は神戸市内の洋館で暮らしはじめ、女の子が生まれた。それがブサイナ王女だ。

 ところが、清子は結核のため3…

この記事は有料会員記事です。残り728文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。