[PR]

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチで村田諒太(帝拳)に王座を奪われたロブ・ブラント(米国)が、再戦の権利を行使する意向であることが明らかになった。18日に米スポーツ専門局ESPNが伝えた。実現すれば1勝1敗で迎える3度目の対戦でラバーマッチとなる。

 両者は昨年10月に米ネバダ州ラスベガスで初対戦し、ブラントが判定で村田から王座を奪取。今月12日に大阪で再戦が行われ、村田が2回TKO勝ちで王者に返り咲いた。(時事)

こんなニュースも