[PR]

 「君の名は。」から3年ぶりとなる新海誠監督の新作「天気の子」が19日に公開され、朝日新聞の単独インタビューに応じた。アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火事件についても言葉を選びつつ思いを明かしている。「天気の子」には「京アニクオリティー」と呼ばれる京都アニメーションの丁寧な作画による創作物から影響を受けたものもあるという。

     ◇

 同じ業界で、ものすごく理不尽な、つらくて悲しい事件が起きました。京都アニメーションは私も大好きなスタジオです。友人もおりますし、京都アニメーション出身の方がスタッフとして「天気の子」に関わってくださってもいます。

 「天気の子」を作っている時にも「ここは京アニっぽくしましょうよ」という話をスタッフ間ですることもありました。主人公たちが枕投げをする場面がありますが、僕は「けいおん!」が大好きで、絵コンテに「『けいおん!』の枕投げみたいな感じにしてほしい」と描いたぐらいです。

 アニメーションはある種、人の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く