[PR]

 第101回全国高校野球選手権宮崎大会は19日、3回戦2試合があった。小林―日向学院は九回、あわや無安打無得点で敗れる寸前の小林が劇的な逆転に成功し、8強入りを決めた。宮崎南―宮崎日大は、投打がかみあった第7シードの宮崎日大が準々決勝に駒を進めた。

記録意識 目前で崩れる 日向学院・小倉遼馬投手

 九回、守備につく日向学院は0―1とリードして2死を迎えた。マウンドにはエース小倉遼馬投手(2年)。あと1人を打ち取ればノーヒットノーランで勝利、のはずだった。

 2死を取って記録を意識してしまった。四球の後、内野安打。さらに四球を与え満塁になると「ストレートが甘く、捕手が構えたところと反対にいってしまった」。相手主軸に右前に運ばれ、同点にされた。

 中学生からバッテリーを組む曽我幸大捕手(2年)がマウンドに駆け寄って励まし続けたが、流れは断ち切れなかった。連続適時打を浴び、5点を失った。

 日向学院は2回戦で聖心ウルスラに勝利した。小倉投手の兄龍成さん(19)は2年前の夏、宮崎大会決勝で聖心ウルスラに敗れた時の日向学院のエース。兄から「リベンジしてくれ」と言われ、約束は果たした。兄がつかめなかった甲子園出場が、次の目標になった。

 ベスト8直前での思わぬ逆転負け。小倉投手は「1、2回戦は打線に助けられた。今回は自分が頑張らないといけなかったのに申し訳ない」と肩を落とした。曽我捕手は「小倉に頼りすぎ、みんなで勝ちにいくんだという貪欲(どんよく)さがチームに欠けていた」とエースを気遣った。

 宮本修司監督は「野球は最後まで何があるか分からない。2年生の彼らには来年につながる良い経験になったと思う」と話した。(大村久)