[PR]

 吉本興業が19日に契約を解消した「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんについて、演芸評論家の相羽秋夫さんは「司会が達者。強い個性はないがその時々のゲストに調和し、かわいがられてきた」と振り返りつつ、「才能のある人が消えるのは残念だが妥当だと思う。他の所属芸人に対する警告という意味もあったのでは」と話した。一方、同志社女子大の影山貴彦教授(メディアエンターテインメント)は、芸人と反社会的勢力との関わりをめぐる一連の問題で会見を開かなかった吉本興業の対応に疑問を投げかける。「吉本は宮迫さんを守りたかったのだと思うが、あだになって視聴者の反感を買い、契約解消という最悪のシナリオにつながった」とみる。

 また、在阪局では宮迫さんがレギュラー出演していた「松本家の休日」(朝日放送テレビ)は謹慎中に代役が決まった。「フォトぶら」(関西テレビ)も番組タイトルから「雨上がりの」を削除しており、契約解消による影響は特にないという。(土井恵里奈、杢田光)