[PR]

 朝日新聞社は参院選投開票日の21日、出口調査を実施した。調査結果を分析し、獲得議席数を推計すると、自民、公明の与党で、改選124議席の過半数の63議席を大きく上回る見通し。

 自民の獲得議席は選挙区が40議席程度、比例区が19議席前後で、計60議席前後。公明は全体で14議席前後になる見込み。立憲民主は20議席前後で、改選9議席から大きく増えそうだ。