[PR]

 新潟選挙区(改選数1)では、野党統一候補の無所属新顔、打越さく良氏(51)が初当選。関門海峡の道路事業計画を巡って「忖度(そんたく)した」と発言し、国土交通副大臣を辞任した自民現職の塚田一郎氏(55)らを破った。新潟市内で支持者らと万歳して喜び「権力にすり寄る『忖度』政治よりも、共に咲く政治が選ばれた。日本にとって希望となる選挙だ」と話した。

 弁護士として家庭内暴力(DV)や児童虐待などの被害者に寄り添ってきた経験を通じ「弱い立場の人が取り残されることのない社会の実現」を主張。政治経験のない北海道出身だが、5月上旬の出馬表明後、立憲や国民民主の県選出国会議員らと街頭演説を繰り返した。公示後は、立憲の長妻昭代表代行や共産の小池晃書記局長らも新潟入りした。