[PR]

 「涼宮ハルヒの憂鬱」や「けいおん!」など数々の人気アニメを世に送り出してきた「京都アニメーション」、通称「京アニ」。作品のモデルになった各地の「聖地」にも悲しみと支援の輪が広がる。

 京アニの作品で舞台のモデルとなった場所は、全国各地にある。ファンたちの「聖地」となってきたゆかりの地でも、追悼や支援の動きが広がっている。

 吹奏楽で全国を目指す高校生の群像劇「響け! ユーフォニアム」でモデルとなったのは、京アニの本社がある京都府宇治市。宇治神社では数年前から、登場人物をまねて写真や動画を撮影する参拝者が目立つようになったという。

 昨年9月の台風で大鳥居が倒れ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら