[PR]

 台風5号の影響で長崎県では猛烈な雨が断続的に降り、気象庁は20日午前、同県の五島と対馬市に「大雨特別警報」を出した。大雨の警戒レベルで最も高い「5」にあたり、昨年7月の西日本豪雨以来。すでに災害が発生している可能性が極めて高いことから、同庁は臨時会見を開き、命を守るための最善の行動を取るよう呼びかけた。五島は同日午後3時10分に、対馬は同日午後4時10分に解除した。

 大雨特別警報が出されたのは、五島市▽新上五島町▽小値賀町▽西海市の一部▽佐世保市の一部▽対馬市。

 気象庁によると、台風5号と太平洋高気圧の周辺から流れ込む暖かく湿った空気が九州の西の海上で合流。対馬や五島付近では積乱雲が帯状に並ぶ「線状降水帯」が発生し、記録的な大雨をもたらした。

 台風5号は正午現在、黄海を時速15キロの速さで北上中。中心気圧は985ヘクトパスカル、21日正午までの24時間降水量は、九州北部で200ミリ、九州南部と四国で150ミリ、中国で100ミリの見通し。