ブルース・リー宅、没後46年で危機一髪 一時はラブホ

有料会員記事

香港=益満雄一郎
【動画】解体へ向けた作業が始まったブルース・リーの自宅=益満雄一郎撮影
[PR]

 香港を代表するアクションスター、ブルース・リー(李小龍)の自宅が取り壊しの危機を迎えている。1973年の死去後、一時はラブホテルとして使われるなど数奇な運命をたどり、廃屋となっていた。没後46年の命日にあたる20日を前に、香港のファンクラブが記者会見し、香港政府の支援を訴えた。

 ブルース・リーの自宅は香港の高級住宅街の一角にある豪邸だった。その死去後、地元の経済人に買い取られた。ラブホテルとして使われた以外に、2008年には中国の四川大地震の義援金を捻出するため売り出す計画も浮上したが、実現しなかった。

 その後、「ブルース・リー記…

この記事は有料会員記事です。残り253文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら