[PR]

(20日、高校野球栃木大会 宇都宮工4―3宇都宮南)

 宇都宮南の羽石将英選手(3年)の父寛幸さん(48)は野球部OBだ。将英選手と同じ背番号「3」をつけていた。「30年前の夏に宇都宮工と戦い、1点差で敗れました。縁を感じます」

 将英選手は六回、同点の適時打を放つなど活躍。試合は1点差で敗れたが、寛幸さんは「格上を相手に互角以上の試合でした。孫も野球をやって、また楽しめるかもしれません」と笑顔を見せていた。将英選手は「好機で打ててよかった」と話していた。(関根光夫、平賀拓史)