[PR]

(20日、高校野球埼玉大会 春日部共栄4-1栄北)

「いい投手。打ってみたい」。六回表1死一塁。栄北の丹下陽渡(はると)君(3年)はそう思いながら、打席に立った。春日部共栄のエース村田賢一君(3年)の真ん中高めにきた緩い変化球をたたくと、左越えの適時二塁打になった。

 三塁手の丹下君。守備より打撃が得意だというが、3回戦では好機で打てず、「きょうは活躍したかった」。今春の甲子園でも投げた村田君の球は、「今までの投手と違って、直球も変化球も甘い球がこない」と感じたという。それでも、チーム唯一の打点を挙げ、「全力を出せた。やりきった感はあります」と笑顔だった。=県営大宮(高絢実)