[PR]

(20日、高校野球滋賀大会 近江4―1彦根翔西館)

 彦根翔西館は3人の継投で、昨夏の甲子園8強入りした近江の強力打線を4失点で抑える力投を見せた。

 先発した藤村駿介投手(3年)は初回、緊張から狙ったコースが真ん中寄りに甘くなり、3安打と機動力を絡めた攻めで2点を失った。ただ慌てず「失点したことは深く考えないようにした」と切り替えた。

 その後も1点を奪われたが、野下瑛人三塁手(同)の「初球から集中」の励ましもあって、四回以降は制球力が安定。スライダーを中心に要所を抑え、七回で交代するまで無失点で切り抜けた。

 八回からは後輩の遠藤康平、広瀬龍之介両投手(2年)の頑張りをベンチから見守った。藤村投手は「もう少し、みんなと長く野球がしたかった。来年は近江に勝ってほしい」と夢を託した。伊吹克己監督は「3年間で一番いいピッチングだった」と藤村投手をねぎらった。(北川サイラ)

彦根翔西館の主将のコメント

 彦根翔西館・七里悠平主将(3年) 初球から振ることができず、積極性が足りなかった。厳しい言葉をかけたこともあったがついてきてくれた仲間に感謝。