[PR]

(20日、高校野球愛知大会 誉4―2愛工大名電)

 愛知大会4回戦で、昨夏の甲子園に出場した愛工大名電が敗れた。

 今春の県大会を制した中部大第一と3回戦で戦ったときは、0―2で迎えた九回に5得点で逆転勝ち。この日は昨春の県大会覇者の誉戦で2―4で九回へ。3回戦同様に5番打者から始まった九回の攻撃は2死三塁まで攻めたが、得点できなかった。打ち勝つ野球をめざしていたチーム。「我々の力以上に相手が上だった」と倉野監督。主将の堀内は「最後まで自分たちの野球をすれば、絶対に何かあると言っていた。悔しいです」。