[PR]

(20日、高校野球神奈川大会 向上8―4桐蔭学園)

 春の選抜大会に出場した桐蔭学園は、エース伊礼海斗選手(3年)が三回途中でノックアウトされ、四回までに6点を失う展開。それでも、あわやコールドの点差かと思われた七回1死満塁のピンチでは、代わった鈴木啓悟選手(同)が連続三振で後続を断ち、意地を見せた。

 試合後、主将の森敬斗選手(同)は「夏に甲子園に行って校歌を歌って喜び合いたいと思っていた。でも、練習の成果を全力で出した結果がこれでした」と試合を振り返った。

 四回には川久保暸太選手(2年)の適時打で、五回には木本圭一選手(1年)の本塁打で1点ずつを返し、捕手の勝間田礼琉(らいる)選手(同)が五回まで扇の要を務めるなど、下級生の活躍も目立った。森選手は「1、2年生には、甲子園で勝つという目標を成し遂げてほしい」。(木下こゆる)