[PR]

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)が玄関から建物内に侵入した直後にバケツでガソリンをまき、火を付けたとみられることが捜査関係者への取材でわかった。玄関のそばには3階まで吹き抜け構造になった、らせん階段があり、炎と煙が一気に建物全体に充満したという。京都府警は20日、青葉容疑者について殺人と現住建造物等放火容疑などで逮捕状を取った。

 府警は20日午後、建物の現場検証を終えた。らせん階段の西側が最も焼けており、溶けたプラスチック製のバケツのほか、ライターや着火剤とみられるものの残骸が付近で見つかったという。

 京都アニメーションの八田英明社長は検証に立ち会った後、報道陣の取材に応じ、建物内部の状況について「天井は真っ黒。鉄板まで焼けるほど(放火から)何秒かで相当高い熱量が出たようだ」と話した。

 また、事件当時、建物内にいた人から聞いた状況として「(煙で)真っ暗になり(周りが)見えなかった」「熱風があり、窓からも逃げられない状況だったらしい。逃げる場所は上しかなかったのでは」と語った。

 建物内には、らせん階段のほか、普通の階段もあったが「両方の階段を(煙が)噴き上げている状況だった」という。1階に音声収録室や打ち合わせ用のスペース、2、3階に作画のための作業場所などがあり、普段から2階以上に多くの人がいた。

 捜査本部によると、犠牲者34人のうち、2階以上で31人の遺体が見つかった。3階から屋上への階段(幅約1・2メートル)では19人が死亡。現場検証の結果、屋上へ出る扉は施錠されていなかったが、煙の回りが早く、避難できなかったとみられる。

 犯行に使われた可能性のあるガソリンは、事件発生約30分前の18日午前10時ごろ、青葉容疑者とみられる男が現場から西へ約500メートル離れたガソリンスタンドで購入。男が店員に「発電機に使う」と告げていたことも捜査関係者への取材でわかった。男は手押し式の台車に40リットル分の携行缶を載せて運んでいったという。

容疑者、大阪府内に移送

 京都府警は20日、全身やけどで病院に搬送され、入院していた青葉真司容疑者(41)を大阪府内の別の病院に移送した。捜査本部によると、事件後、京都市東山区の病院で治療中だったが、命の危険もある重篤な状態が続いており、専門的な治療を受けられる病院にドクターヘリで移したという。

 事件の犠牲者は、病院に搬送され重症だった男性1人が19日に亡くなり、計34人になった。負傷者は青葉容疑者を除いて計34人で、症状の重い人もいるという。