[PR]

(21日、高校野球長野大会 飯山5―4伊那弥生ケ丘)

 序盤と中盤以降で流れが大きく変わる一戦だった。飯山は伊那弥生ケ丘のエース藤本を序盤から攻め、三回までに3点。継投の富永からも五回に1点を挙げ、試合を優位に進めた。流れが変わったのは六回。飯山はエース岡田の連続四球などで1死満塁とされた後、守りのミスで2失点。更に適時打を許して同点とされた。以降は伊那弥生ケ丘に主導権が移ったが、飯山は継投の常田が踏ん張り、延長戦に。十回2死一、三塁。その常田が中前適時打を放ち、サヨナラ勝ちした。