[PR]

 奈良大会は21日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで4試合があった。2回戦の大和広陵は1点差を守り切って西の京を破り、橿原は好調な打線で十津川に6回コールド勝ち。3回戦に臨んだ生駒は終盤の集中打で平城を一気に引き離した。智弁学園は4回までに7点差をつけられた奈良大付を追い上げ、逆転勝利。伝統校の底力を見せつけた。生駒と智弁学園は最初の8強入りとなった。

奈良大付の捕手・拾尾昌哉主将 甲子園に連れて行きたかった

 一時は7―0でリードしていた昨夏の奈良大会優勝校・奈良大付に、強豪・智弁学園がじわじわと迫ってきた。7―5で迎えた六回裏。智弁学園・吉村誠人(まさと)君(3年)の2点本塁打で、ついに逆転された。

 球場に響く大歓声を聞きながら、昨夏の甲子園を経験した奈良大付の捕手・拾尾(じゅうお)昌哉主将(3年)は落ち着いていた。「1点差だったら追いつける」

 だが、その1点が遠かった。八回裏、だめ押しのような本塁打を浴びた。マウンドの矢野一希君(2年)はさらに四球、中前安打を許してしまう。拾尾君は今にも泣き出しそうな矢野君を見て、内野陣を集めた。「次に点を取ったるから、思い切って投げろ」。矢野君は続く打者を三振と二飛に抑えきった。

 そして迎えた九回表。2死一塁の瀬戸際で、4番の拾尾君が打席に入った。ファウルで粘り、フルカウントに。次の内角低めの直球を「ボールだ」と思った。しかし、判定は「ストライク」。うつむいたまま、その場を動けなかった。

 試合後、「智弁の方が粘り強かった」と振り返った拾尾君。「みんなを甲子園に連れて行きたかった」。泣きはらした目で語った。(佐藤栞)