[PR]

 振り込め詐欺グループの宴会に出席して現金を受け取るなど一連の問題で、吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんらが謝罪会見したことを巡り、21日午前、フジテレビ系「ワイドナショー」でダウンタウンの松本人志さんが「仕事の合間に会見を見て、思ったよりハードな内容。無視できるものではない」と発言。会見を受け、収録した内容ではなく、この問題に関する生放送に切り替えた、と説明した。

 約20分の会見VTRを松本さんは神妙な表情で見つめた。吉本興業や宮迫さんとしばらく連絡していなかったことを明かし、「僕の知らなかったことが多すぎて、だまされた気になった。吉本興業がこのままでは壊れていくという危機感を持った」と話した。

 会社側が会見させなかった、などとの宮迫さんの発言を受け、「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」と述べた。

 松本さんは宮迫さんらの謝罪会見後、吉本興業に向かい、岡本昭彦社長の会見や芸人のギャラの問題を話したという。「吉本興業の中に松本興業のようなものを作り、そこで『イエローカードの子』たちを俺が引き取る」と提案。「受け入れてくれた」と話した。

 その後、番組内で岡本社長は「申し訳ございませんでした」とVTRでコメントした。近く会見するという。

 松本さんは20日にあった会見直後、自身のツイッターに「後輩芸人達は不安よな。松本動きます。」と書き込んでいた。

 21日に放送されたフジテレビ系番組での松本人志さんの主なコメントは以下のとおり。

     ◇

 昨日(20日)、ぼくは大阪にいたんですけど、仕事の合間に謝罪会見が見られた。思っていたより(内容が)ハードで。無視できないなと思った。今週、放送する予定だった「ワイドナショー」とは内容が違いすぎるのでこういうかたち(生放送)で。フジテレビさんにも急に生放送をスタンバイして頂いて、うちの浜田が……(スタジオ笑い)。

 最初「フライデー」が出たときにぼくは宮迫に連絡をした。「お金はもらっていない」と言っていた。ただ、あのパーティーの動画を見たら、やっぱりノーギャラとは思えないから「世間のひとが絶対に納得しないから、そこは認めないと“反社”と知らなかったということすら疑われてしまうよ」と言ったんです。ただ、納得してもらえなかった。

 そこから彼や会社と何回かやりとりしたが、途中から「あまりぼくが首を突っ込んでも」と思い、連絡を取らなくなった。宮迫とも1カ月以上、連絡をとらなかった。公平な感じで見ていこうと思った。

 昨日の会見をすべて見たわけではなかったが、ぼくの知らなかった事実があまりにも多すぎて。「俺もだまされていた」という気になった。この会見を見たからと言って、手のひらを返すように、宮迫と亮が急に「悪」から「善」になるとは思っていない。でも、やっぱりここまで追い込んだ、信頼関係が無い会社に対しては、これは絶対によくないし、吉本興業がこのままでは潰れていくという危機感は持った。

――「知らなかったこと」とは?

 彼らが何度も謝っているにもかかわらず、最終的には岡本社長に会ってもらえなかったとか、会見も吉本が作った台本でしかできないとか。そんな状況ではなにも意味が無い。時代を読み間違えた会社かなと思った。

「みんな吉本が好きで入ってきている」

 いまの吉本を見てて、テレビ局に対して「大名商売をしているな」と思うことがある。もう一回、初心に帰って。ぼくが東京に出てきたときは、赤坂の8畳くらいのワンルームマンションにホワイトボード1枚と黒電話2個から始まりましたから。あのときの気持ちに戻れば、もっとみんなに愛される会社になると絶対に思う。(所属している芸人は)みんな吉本が好きで入ってきているので、ちゃんと大事にして欲しいと思う。

 昨夜、久しぶりに宮迫と電話で話をした。すっきりした感じだった。だから、あの会見はうそ泣きだったんじゃないかな(スタジオ笑い)。(宮迫さんとの関係は)切れない。 岡本と亮と宮迫と……あいつらが嫌がるならしょうがないけど。ちゃんと話す会を設けてくれと(岡本社長に)言った。それは岡本社長も約束してくれた。もしやりづらかったら、ぼくも仲裁する。ぼくの希望は、近いうちに岡本社長と宮迫が“乳首相撲”をやることです。それですべて解決すると思います。そういう会社じゃないと、ダメなんですよ!

 昨夜、東野、大崎会長、岡本社長と4人で長いことしゃべった。ちゃんと話を聞いてくれた。絶対に悪い会社じゃないと思う。岡本(社長)はぼくのマネジャーでもあった。20年くらい前から大崎さんにも言っていたが、振る舞いが横暴だったり……そういうところが「気になりますよ」とは言っていた。そういう悪い部分が出ることがある。

 ぼくは大崎洋(会長)とずっとやって来ましたので。昨夜「もしこれ以上、問題が大きくなったら自分の進退を考えなければ」と言っていたが、それはぼくは全力で止めます。大崎さんいなかったら、ぼくも辞めますので。うちの兄貴なので。大崎さんが居なくなったら、ぼくは辞めますね。