[PR]

 第101回全国高校野球選手権岩手大会は21日、県営、花巻の2球場で4回戦計4試合があり、8強が出そろった。大船渡の佐々木朗希投手は盛岡四戦でこの日の最速160キロを計測。自らの2点本塁打で勝ち越し、延長十二回の熱戦を制した。シード校の久慈、ノーシードの一関工、盛岡三も8強入りした。

最速160キロ 重圧越え投打全開 大船渡 佐々木朗希投手(3年)

 これまでの試合とは明らかに違っていた。「特に何も感じなかった」。大船渡の佐々木朗希投手(3年)はそう強調するが、マウンド上で笑顔は減り、150キロ級の直球が続く気合の入った投球だった。

 九回裏、やや浮いた159キロの直球を中前にはじき返され、2点差から追いつかれた。なおも無死で走者を背負い、一打が出ればサヨナラの苦しい場面。表情が引き締まった。

 この日、直球にフォークやスライダーを織り交ぜる組み立てだったが、同点に追いつかれた後は150キロ台の直球を中心に投げ込み、追加点を許さなかった。「ギアを上げていた」と及川恵介捕手(3年)は振り返る。

 完全に調子を取り戻した佐々木投手は十~十二回、140キロ後半から150キロ台前半の直球をコースに突く投球で7三振を奪い、いずれの回も三者凡退に抑えた。

 4番の意地もみせた。十二回表無死一塁の場面。「後ろにつなぐ」と2球目、外角高めの直球にコンパクトにバットを合わせると、打球は右翼側のフェンスを越え、2点本塁打。自らのバットで試合を決めた。

 最後の打者を三振に抑えると自然と涙があふれた。「負けたら終わり」。今夏、ずっと自分に言い聞かせてきた重圧を自身で乗り越えた。

 延長十二回を完投し194球を投げた。「仲間と野球ができるのはこの夏が最後。喜びをかみ締めて一戦一戦戦いたい」(御船紗子)