[PR]

 兵庫大会は21日、4球場で4回戦8試合があり、16強が出そろった。第1シードの古豪・東洋大姫路や、3年ぶりの甲子園を目指した第2シードの市尼崎が接戦の末、敗れた。22日は2球場で5回戦4試合が予定され、8強をかけた戦いが始まる。

市尼崎・洞大地主将

 2点を追う九回裏。1死走者なしと追い詰められた場面で、背番号10の主将、洞(ほら)大地(3年)が代打で打席に立った。「洞主将は一生懸命やってきた。ここで、打ってくれるのでは」とベンチからの期待を受けていた。

 「この試合で終わらせない」。3球目の外角直球にくらいつき、バットの先にあたった打球は、中前に落ちた。逆転を祈る三塁側応援席から大声援があがった。「みんなの応援が後押しをしてくれた」。一塁ランナーを代走の畑匡洋(まさひろ)(3年)に託した。畑は犠飛で生還し、1点差に迫った。

 「ぶれないし、リーダーシップがある」と信頼され、主将を任せられた。だが、1年生の夏から繰り返した左肩の脱臼のため、思うようなプレーができない。「前の主将はプレーでチームを引っ張るタイプの人だった。自分には、それができない」と悩んだ。周囲に「後ろから仲間をほめて、押してやる主将を目指せ」と助言されて、自分の道が見えた。

 この日の加古川西戦では、三塁コーチを務めた。「ぶれない」と評される通りに冷静、沈着に仲間を見守った。

 二回に森田勇太(3年)が同点の右越え本塁打を放った。喜んで塁間を駆け抜ける森田に「三塁を踏み忘れるな」と大声をかけた。二回途中から救援に入り、粘りの投球を続ける田辺翔(つばさ)(同)らには「動きがいいぞ」と励ました。

 試合は4―5で敗れ、甲子園出場の夢はかなわなかった。「悔しい。でも、周りが気を遣ったサポートをしてくれた」。スタンドにいるベンチに入れなかった部員たちが応援の特訓をしていたのを知っている。「大声援がチームを後押ししてくれた」。気配りの主将らしく、応援団に頭を下げた。=敬称略(直井政夫、武田遼)