[PR]

 第101回全国高校野球選手権神奈川大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は21日、4球場で8試合があり、16強が出そろった。昨夏の北大会優勝の慶応が敗退。公立の相模原、湘南はノーシードから勝ち上がった。

3打点の活躍 相手にエール 慶応・広瀬選手

 東海大相模の打線が初回から爆発した。一回裏、先頭打者の鵜沼魁斗選手(2年)が本塁打を放つなど、5長短打で6点を先制。その後も、加藤響選手(同)、遠藤成(じょう)選手(3年)が本塁打を放つなど打線が好調で、この試合計12安打。慶応を相手に5回で試合を決めた。

 6点を追う二回、慶応は二塁打に犠打などを絡めて2死二、三塁とすると、広瀬隆太選手(3年)が直球を振り抜き、中前打で2点を返した。五回にも、直球をうまく芯に当てて中越え本塁打とし、3打数2安打3打点の活躍だった。普段は中軸だが、この日は1番。森林貴彦監督は「打線に勢いを出すために先頭に持ってきた」と戦略を明かした。

 広瀬選手は「あれだけ点を取られたらしょうがない。次の代ではもっと僅差(きんさ)の良い試合になるように頑張ってほしい。東海大相模にはこのまま勝ち上がって甲子園で優勝してほしい」と敵陣にエールを送った。(岩本修弥)