[PR]

(21日、高校野球南北海道大会 北照4―3国際情報)

 北照の右腕桃枝(もものえ)が打球に飛びつき、一塁へ送球。粘り強くなった背番号「1」が自ら延長十四回の試合に終止符を打った。

 桃枝は「再試合が頭をよぎったが、必ず点を取ってくれると思っていた」。一回に先行した後は無得点。2点リードの九回に4安打を浴びた。ただ、同点で踏ん張る。十四回、敵失で勝ち越すと、その裏を三者凡退で締めた。

 今春、北海道大会小樽地区代表決定戦で敗れた。登板して14失点。「あの負けで自分もチームも変わった。北海道で一番練習しようと」。今夏7試合のうち6試合で完投した。それでも試合後の笑顔は控えめ。「昨年できなかった甲子園での1勝をしてから笑いたい」(坂名信行)