[PR]

 人気カードゲーム「デュエル・マスターズ」のカード34枚(計約150万円相当)を盗んだとして、警視庁は住所不定、無職大場健史容疑者(33)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕し、21日発表した。「友人に返済する金に困っていた」と容疑を認めているという。

 万世橋署によると、大場容疑者は6月18日午前5時20分ごろ、東京都千代田区外神田1丁目のカード店の2階に、外壁工事用の足場を伝って侵入。ショーケースのガラスを割り、カードを盗んだ疑いがある。当時、店内は無人で、大場容疑者は人気のカードを選んで盗んだという。カードは既に売却済みだという。

 事件後、レンタカーを使って逃走しており、現場付近の防犯カメラの映像から容疑が浮かんだという。