[PR]

 決定戦はご免だ――。鶴竜の気迫がみえるような楽日、横綱同士が優勝を争う結びの一番だった。

 白鵬と左四つでがっぷり。これまでなら7勝41敗と分の悪い白鵬の技術に屈するところだが、この日は違った。素早く巻き替えて両差しになると一気に寄り切り、勝負あった。

 「とにかく止まらないように。なるべく動こうと」。場所前に腰を痛め、長期戦は不利。速い相撲を心がけた15日間の先に7場所ぶりの栄冠があった。

 「一味違う優勝で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら