[PR]

 滋賀県野洲市選挙管理委員会は21日、参院選の投票に訪れた有権者26人に対し、選挙区と比例区の投票用紙を誤って、逆に交付したと発表した。両方の投票が無効になることから、市選管は26人に謝罪する予定。

 市選管によると、21日午前7時35分ごろ、市人権センターの投票所で、選挙区の投票用紙を交付される場所で比例区の投票用紙を渡されたことに有権者が気付いた。この有権者は正しい投票用紙を交付されたが、午前7時の投票開始から投票を終えた26人への誤交付が判明した。

 市選管によると、この日朝、自動交付機に選挙区と比例区の用紙をセットする際、入れ違えたという。選挙区の投票用紙に比例区の候補や政党名を、比例区の投票用紙に選挙区の候補者名を書いた場合、票は無効になる。市選管の担当者は「確認が不十分だった」と説明した。(山中由睦(よしちか))