[PR]

(21日、高校野球南北海道大会 北照4―3国際情報)

 2点を追いかける九回裏、3年生がつないで作り出した1死二、三塁の好機。「ここで決めなきゃ恩返しができない」。国際情報のエース原田航介投手(2年)は強い思いで振り抜き、同点となる適時打を放った。部員が「普段はクール」と言う原田航投手だが、塁上で珍しくガッツポースを見せた。

 バッテリーは原田航投手と久保田廉太朗選手の2年生。打線の中軸も原田航投手と秋田真選手、久保田選手の2年生トリオが担うチームだ。3人は中学時代から同じチームの仲間で、「私立を倒そう」と国際情報に入った。

 今大会では3人の目標通り、準々決勝、準決勝と私立を倒した。だが試合後の3人は、「甲子園に行けなければ、1回戦負けも準優勝も同じ」と口をそろえ、厳しい表情を崩さなかった。冨樫晋士主将(3年)が試合中に言い続けた「甲子園行くぞ」という言葉に応えられず、力不足を感じた。

 秋からは自分たちがチームを引っ張る番だ。原田航投手は「先輩たちにここまで連れてきてもらい、良い経験をさせてもらった。これからは先輩の思いを背負って甲子園を目指したい」と話した。(前田健汰)