[PR]

(21日、高校野球三重大会 桑名西3―1伊勢)

 勝負できるかもしれない、という思いが頭をよぎる。五回裏1死二、三塁、桑名西の二塁走者、川田重慶選手(2年)はスクイズのサインが出たとき、前進守備の伊勢が自分に牽制(けんせい)をせず、無警戒なことが分かって大きくリードを取った。大会前、この練習に力を入れていたことも自信になった。

 打席に入った吉田大輝選手(2年)が、甘いスライダーを投手の前に転がした。投手が捕球し、一塁へ投げようとしたとき、すでに三塁を蹴って1メートルほど進んでいた川田選手は「このまま狙える」。本塁へ滑り込み、クロスプレーにもならずに生還。「気持ち良かったです」と笑顔だった。