[PR]

(21日、高校野球兵庫大会 飾磨3―2東洋大姫路)

 東洋大姫路が2―1と1点をリードして迎えた八回。2死一塁の場面で、エースの小林彪希(ひょうき)(3年)は、投ゴロを一塁へ悪送球。一塁走者が一気にかえり、同点を許した。「やってしまった」

 マウンドに集まった内野陣から「落ちついて切り替えて」と声をかけられた。「引きずらないのが小林の長所」と捕手の余根田祐太(同)がいうように、次打者を三邪飛に打ち取った。

 だが、九回に入ると、四球や守備の乱れなどで1死二、三塁に。二ゴロの間に三塁走者が生還し、それが決勝点となった。小林は「変化球が入らず、ストライク先行でいけなかったのは力不足」と悔しさをにじませた。

 昨秋から春の大会前まで、直球やカーブを磨くため、決め球のスライダーを封印。直球は回転数が上がって打者の手元で伸びるようになり、制球力もついた。

 夏の初戦は、8回3分の2を投げ被安打2無失点と好投。2戦目も途中から登板し、6回3分の2を2失点。エースとしてチームを引っ張ってきた。この日も9回を投げ、安打を打たれたのは4本だけだった。「ミスが続いたことが悔やまれる」と余根田は振り返った。

 小林は「終わったという感じがなく、まだ信じられない。一緒に野球をやってくれた仲間たちには『ごめんな、ありがとう』と言いたい」と話した。(武田遼、西岡臣)